デリヘルドライバーってぶっちゃけどんな仕事をしているの?

サイトマップ

できる男は仕事ができる 男性高収入

コンテンツ一覧

デリヘルドライバーってどんなお仕事?

渋い男性

店舗を持たないヘルス店がいわゆるデリヘルと呼ばれる形態のお店です。そこで欠かせないのは、デリヘルドライバー。ある意味嬢と同じくらい重要な役目を担うことになります。
仕事内容は簡単に言えば、嬢の待機する事務所からお客さんのところまで嬢を送り届けることです。簡単な仕事かと思うかもしれませんが、実は結構責任の重いお仕事になります。
通常のヘルス店で言う待ち時間は、デリヘルにおいては電話を受けてから嬢を派遣するまでの時間と言うことになりますが、やはりそれは早いに越したことはありませんよね。お店の評判にも直結します。かといって大切な嬢の送迎ですから一にも二にもデリヘルドライバーには、安全運転が要求されます。また、嬢の派遣時間内ずっとお客様宅近くで待機すると言うこともありますが、他の嬢の送迎を行うこともよくあることです。となると、安全運転にプラスして時間を守るということも大切なことになってくるのです。
そして、仕事を終えて疲れて戻ってきた嬢の良き話し相手にもならなければいけません。なにやら大変な重労働と思われるかもしれませんが、デリヘルドライバーあってのデリヘルという店舗形態です。縁の下の力持ち的存在ではありますが、決して欠くことのできないその仕事内容はきっとやりがいを見つけられることでしょう。

デリヘルドライバーの求人は選び放題

基本的には人が足りていないというのがデリヘルドライバーの世界だと思います。その関係でデリヘルドライバーの求人も溢れていますからね。極端に言ってしまえば選びたい放題という様な状態になっています。圧倒的に雇用される側が有利という風に考えて頂いて良いでしょう。ですので、ちょっと強気にと言えば言い過ぎにしても、それぐらいリラックスして面接に臨んで頂いて十分だと思います。他にいくらでも仕事自体はある訳ですからね。絶対にそこでなければいけないという訳ではないのです。
ただ、そうは行ってもそこまでデリヘルドライバーには極端な程、雇用条件に差がある訳でも無いと思うので、おそらく最初に面接に訪れたデリヘル業者でほぼ決まりになるのではないかと思います。採用されるという事に関しては限りなく100パーセントに近い確率だと思いますが、それよりも重要なのが条件面という事になるでしょう。この様なお店の場合だと交渉というのが結構有効になってきたりします。時給換算で100円とか200円くらいあげて欲しいなんて事も場合によっては可能でしょう。
これが人手不足の業界の良い所なんですね。人が余っている状態ですとこうは行きません。とは言うものの、この状態がずっと続く保証も無いので早い内に内定を頂いた方がいいというのは確かだと思います。

デリヘルドライバーの仕事とやるべきこと

実店舗を持たないで営業ができるデリヘルは24時間お店をオープンさせることができるということで男性たちに人気ですし、そこで働く女の子たちも長い時間働くことができるので、稼ぐことができています。
その女の子たちを主に深夜送迎するのがデリヘルドライバーの仕事であり、ほとんどの場合自家用車を出して、週に数回夜から早朝にかけて女の子と一緒に行動を共にして送り迎えをするのです。
デリヘルドライバーになるために要求されていることはあまりなくて、安全運転をすることやカーナビなどで自分のわからない、あるいは行ったことがないお客の家にまで確実に女の子を届けること、そして事故を起こさないことなどであり、間違っても女の子に手を出そうとして女の子に少しでも不快な気持ちを与えるようなことをしてはなりません。
デリヘルドライバーは夜の7時くらいからスタートしていき、早朝7時くらいまでの12時間という労働時間になることが多く、運転手としては眠くなる時間ですので、眠気対策としてのコーヒーや刺激の強いガムなどが必要になるかもしれません。また仮眠するほどではないとしても女の子がお客の指定した場所でのサービスを終えて戻ってくるまで待機していることも多いのでその間に少し休むことができます。

無店舗型風俗店の要であるデリヘルドライバーの仕事はこちら俺の高収入からお探しください。デリヘルドライバー以外の人気職種も多数載っています♪

TOP